トップページ >会社案内 > 会社概要

工場
大連銘豊機械株式会社は2006年に成立され、会社の敷地は15000平方メートルで、従業員は500人ほどいます。会社は生産ライン4本を持ち、金型設計、モデル成型、塗装、印刷、組み立て及び二次加工等の能力を持つ企業であります。
設備紹介:会社にはいくつの日本牧野加工センター、EDM加工センター、ワイヤーカット、11台精密研削盤及びフライス盤等金型加工設備を持っているし、日本住友射出成型機、海天成型機50台、自動塗装印刷生産ライン4本もある。年度生産額が6100万元以上であります。製品は3Dメガネ、自動車プラスチック部品、電子機器プラスチック部品、家具プラチック部品、日常用品プラチック部品、電力工業プラチック部品、機械製造業プラスチック部品、基礎工業プラチック部品、医療機器部品等と相関のプラスチック製品です。会社は2カ所の工場があって、違ったお客様の需要を満足することができます。 会社は三洋エアコン、三洋家電、Haier、日本電産、ワーゲン、ProMinent、日本三菱と長期的に安定なパートナー関係を立てました。生産できる材料はABS、PP、PE、PS、POM、PA、PMMA、PC、PPO、PTFE PVCなどがあります。OEMを歓迎します。 私たちの設計部門は図面とサンプルに基づいてCADおよび3Dの図面を作成することができます。 工場はISO9001とISO14001の品質管理体系に認定されました。 すべての製品は国際のREACH、PHY、EN71、PHなどによって認定します。会社は品質を重視し、全ての製品は検査されています。また、海外のお客様の一致的な好評をいただきました。我が会社のセールスチームはお客様との業務相談することをお待ちしております。